青黒徒然雑多

色々語りたい。ジャンルもへったくれもなく。

アジアシリーズ復活のために

 アジアNo. 1球団を決める戦いとして2005年に開幕したアジアシリーズだったが、大会は短命に終わった。

 原因としては、

・スポンサーの赤字

・注目度が薄い

・日程の折り合いがつかない

が挙げられる。


 2005年から開幕して4回目となる2008年大会時点でスポンサーの赤字額は約2億円を超えていた。当然これ以上スポンサーを続けるメリットもなく撤退。それは注目度の低さも相まってのことだと推察する。


 アジアNo. 1を決める戦いと銘打ってるものの、開催期間は日本シリーズが終了して間もない時期で、且つ僅か数日という短期間である。

 球団にとっては日本シリーズ制覇で球団の目標が達成されており、そこからアジアNo. 1を目指す、といってもファンも選手も大会に対する意気込みや期待感は薄いだろう。実際に観客動員を見ても日本王者vs韓国王者という好カードとも言える試合には1万数千人という程度である。日本王者が出ない試合では1万人にさえ届かなかった。


 日程問題もアジアシリーズ中止の要因となった。

 日程の調整が各国リーグで要求され、結局折り合いが付かずに中止された大会がある。

 前もって計画的に日程を決め、それに沿ってペナントレースポストシーズンを決めなければならないが、その年その年で場当たり的に日程を決めようとしたため、開催そのものが難航していたことが伺える。


 こうした、運営側による杜撰さが、大きな可能性を秘めるアジアシリーズを台無しにしたと言っても過言ではないだろう。


 ではここで本題の、アジアシリーズ復活のために必要なことを考えてみる。

 私が考える必要な要素は、

・シーズン真っ只中での開催

・ホーム&アウェイ方式

・短期決戦ではなく中期戦に

の3つを挙げる。


 まず一つ目のシーズン真っ只中での開催について。

 従来のアジアシリーズは前述した様に、国内のシーズンが完全に終了した後の開催だった。そのため、既に日本一の称号を手にした後に歴史も権威もない小さな大会のアジアNo. 1のタイトルを得ても有り難みが薄い。

 そこで、シーズンの中盤あたりの節目としてのアジアNo. 1というタイトルならば選手やファンにとっても真新しさや新鮮味が感じられるものになると考える。

 位置付けとしては、日本のJリーグにおける、ルヴァンカップと考えれば良いと思う。ルヴァンカップJリーグクラブにとってはシーズン最初のタイトルマッチという側面がある。この『シーズン最初のタイトルマッチ』という名目でのアジアシリーズなら従来より盛り上がりが増すと考える。


 次に二つ目のホーム&アウェイ方式について。

 従来は開催国に出場チームが集まって、総当たり戦及び決勝戦を行うというものである。

 開催国のチームが出る試合はそこそこ客入りがあるものの、外国のチーム同士の対決には殆ど客入りがない。

 例えば、東京ドームで行われた台湾王者vs中国王者の試合が2,788人、韓国王者vs中国王者の試合が2,489人と、非常に少ない。

 そこでホーム&アウェイ方式を採用することで、対戦チームどちらかのホームスタジアムであれば、そのホームチーム応援のための客入りが期待でき、総じて観客動員の伸びにつながると考える。


 三つ目の中期戦化について。

 年度毎に試合のレギュレーションが異なっているが、基本的には僅か数試合での決着となっている。日本開催時代にはグループラウンドで3試合と決勝の最大4試合だった。

 これだけ開催期間が短いと話題になる前に大会が終わっているというのが関の山だと感じる。

 そこで、例えば4チームが出場するなら、ホーム&アウェイ方式でホームで3試合とアウェイで3試合の計6試合を行い、1位チームvs2位チームで決勝を行うことで6試合以上を戦うことができる。

 また、大会を数日で消化するのではなく、サッカーのチャンピオンズリーグのように、1試合毎に間隔を空けて試合を実施することで、毎試合に特別な空気感や新鮮味を感じることができるのではないかと考える。


 かつてアジアシリーズが上手くいかなかっただけに、再度アジアシリーズを復活させるというのは茨の道だろう。しかし、東アジアには日本、台湾、韓国に成熟したプロリーグがあり、中国も新たにリーグが再編されるなどの動きがある。

 世界的にも上位リーグが近距離に揃う中、そのトップチーム同士が公式戦で戦う場がないというのは惜しいと言わざるを得ない。

 野球の世界戦略のためにも、東アジアから世界の野球を作っていく意気込みを持って、各国の球界がアジアシリーズ開催に再チャレンジして欲しいと思っている。

UEFA女子チャンピオンズリーグが変わる

f:id:Nerobluluv:20210407165943p:plain

欧州No. 1の女子クラブを決める戦いが、このUEFA女子チャンピオンズリーグである。

この大会のレギュレーションが2021-22シーズンより大きく変化する。


従来

各国上位1~2クラブが出場し、決勝を除いて全試合ホームアンドアウェイノックアウト方式で行っていた。


変更後

グループステージが導入されることになった。UEFAランキング上位3カ国のリーグ王者とディフェンディングチャンピオンがグループステージへストレートイン、それ以外のチームは予選からグループステージを目指す。

グループステージには16チームが出場し、各組上位2チームの計8チームがトーナメントに進み、優勝を争う。

中国国旗 没案

f:id:Nerobluluv:20210407083347p:plain

中国の国旗と言えば、この「五星紅旗」である。

赤色は革命、黄色は光明、大きな星は中国共産党指導力、小さな星はそれぞれ労働者、農民、小資産階級及び愛国的資本家、知識人を表している。


1949年の建国に際して初めてお披露目となったこの国旗だが、国旗案は公募され、この五星紅旗を含め最終的には6つの案が残った。

ここでは選ばれなかった5つの案を見ていこうと思うが、没理由が中々に神経質なのである。


案①

f:id:Nerobluluv:20210407084207p:plain

没理由:

中国の大河を表す黄色の線が赤地を分断しており、これは国家が分断されているようで不吉だから。


案②

f:id:Nerobluluv:20210407084444p:plain

没理由:

①に同じ。


案③

f:id:Nerobluluv:20210407084629p:plain

没理由:

①に同じ。


案④

f:id:Nerobluluv:20210407084727p:plain

没理由:

星が縦一列に並んでいる様が人民の階級を表しているみたいで良くないから。


案⑤

f:id:Nerobluluv:20210407084916p:plain

没理由:

ソ連っぽいから。


おわりに

世の中の国旗を見ても横線の入ったものは珍しいものではないが、それを分断と捉えるのは面白い。分断を許さず団結していこうという国としての意思の表れなのだろうが、それを恐れるあまり現実に民族浄化をするのは方向性としては大間違いではある。

サッカー連盟転籍経験のある国

🇦🇺オーストラリア

f:id:Nerobluluv:20210406194332j:plain

オセアニア→アジア

2006年を境にオセアニアという弱小連盟を脱してより強い環境を求めAFCに転籍。オセアニアからのW杯出場枠が0.5しかなく、何度も大陸間プレーオフで強豪を前に敗れた悔しさがアジア転籍のトリガーとなったのだろう。転籍後もW杯出場を掴み取る強さを維持し、2015年の自国開催のアジアカップで優勝。こうしたオーストラリアの強さで割りを食ったアラブ諸国がオーストラリアを除名しようという話もあったとか。少なくともその存在を快くは思ってはいない。


🇮🇱イスラエル

f:id:Nerobluluv:20210406194817j:plain

アジア→オセアニア→ヨーロッパ

アジアサッカー連盟の設立メンバーであるものの、パレスチナ問題でイスラエル及びユダヤを拒絶するイスラム諸国がイスラエルとの対戦を悉く拒否。初めてのW杯出場も対戦相手のボイコットで決まるという悲しい過去がある。そして1974年の総会で除名が決定。その後オセアニア連盟に転籍。しかし、オセアニアまでの長距離移動がネックに。その後ヨーロッパへの転籍を希望するようになり、1992年に転籍。強豪ひしめくヨーロッパで着実に力を伸ばしている。


🇰🇿カザフスタン

f:id:Nerobluluv:20210406195756j:plain

アジア→ヨーロッパ

ソ連崩壊で独立したカザフスタン。ファンや選手はヨーロッパ連盟への加盟を希望していたものの、カザフスタンサッカー連盟はアジア連盟への加盟を強行した。しかし、W杯出場が全くできなかったために反感を買い、2002年にヨーロッパ連盟へと転籍した。

AFCの東西分割案

なぜ東西分割?

AFCの東西分割の話が出る理由に広大なエリアが挙げられる。西はサウジアラビア、東はオーストラリア。直線距離で約11,000km、時差にして7時間も離れている。


UEFAもヨーロッパで唯一太平洋に面するロシアを有しているものの、試合はロシア西部のモスクワを中心にしているためそこまで影響は無い。


また、イスラム諸国にとってキリスト教国家であるオーストラリアに良い印象はなく、オーストラリアがAFCへの加盟を拒んでいた事実もある。


分割の大きな理由に広大なエリアの縮小があると同時に、文化的軋轢も小さな理由として考えられる。


分割の方法

バングラデシュ以西を西側、ミャンマー以東を東側として分ける。

AFCチャンピオンズリーグはこの方式で東西分けて実施している。それをそのまま連盟ごと分けちゃうのが①の案だ。


②東西分割+西側と北アフリカの合併

上記①で分離した西側に北アフリカのエジプトやモロッコといった地域をがっぽりしようという案である。しかし、アフリカサッカー連盟はアフリカ大陸の連帯を重視しているため、実現の可能性は0に近い。


③東西分割+東側とオセアニアを合併

上記①で分離した東側にオセアニア(サッカー連盟(OFC))を合併しようという案である。オセアニアはサッカー不毛の地域と言われており、特にニュージーランドは過去にAFC加盟を希望し後に断念したものの、オセアニアという弱小相手としか試合できない環境から脱したいという思いが強い。


個人的には③の分割案が気に入っている。オセアニアではそもそも試合数が少なく、代表強化が進んでいない。そういった中で日本や韓国といった強豪だけでなく、タイやベトナムといった中堅、シンガポールカンボジアといった下位層との試合で代表強化やオセアニアのサッカー熱を増大させることに繋がりそうだ。


もし案③だった場合の加盟国・地域

ASEAN

🇹🇭タイ

🇻🇳ベトナム

🇲🇾マレーシア

🇮🇩インドネシア

🇸🇬シンガポール

🇵🇭フィリピン

🇲🇲ミャンマー

🇰🇭カンボジア

🇱🇦ラオス

🇧🇳ブルネイ

🇹🇱東ティモール

東アジア

🇯🇵日本

🇰🇷韓国

🇨🇳中国

🇰🇵北朝鮮

🇹🇼台湾

🇲🇳モンゴル

🇭🇰香港

🇲🇴マカオ

🇬🇺グアム

🇲🇵北マリアナ諸島

オセアニア

🇦🇺オーストラリア

🇳🇿ニュージーランド

🇫🇯フィジー

🇳🇨ニューカレドニア

🇵🇬パプアニューギニア

🇸🇧ソロモン諸島

🇵🇫タヒチ

🇻🇺バヌアツ

🇨🇰クック諸島

🇼🇸サモア

🇦🇸アメリカ領サモア

🇹🇴トンガ


オセアニア合併の問題点

オセアニアは全て島嶼国なので移動手段が基本的に飛行機しかない。その上便数も少なく、オーストラリアやニュージーランドを経由しないと行けない国が多いため、合併前よりも移動が不便になるという指摘がある。


おわりに

アラブ諸国オイルマネーや東アジア先進国の資金力がアジアの強みで、これがFIFAでの発言の影響力の強さとなっていることが伺える。実際に、W杯の枠増加も中国やアラブ諸国の出場を目論んでのことだという話もあるくらいだ。しかし、広大さ故に移動距離や気候の違いに選手が四苦八苦しているという現実もある。現状AFCでは東西分割は一切考えられていないが伺えるが、オセアニアの再編という観点から東西分割も視野に入ってくる話だと考える。

WEリーグのレギュレーション予想

WEリーグとは?

2021年より開幕する日本初の女子プロサッカーリーグである。WEリーグの"WE"はWomen Empowermentの略で、直訳すると『女性が力を与える』となる。女子プロサッカー選手が職業として確立し、リーグに関わる皆んな(WE)が主人公として活躍できる社会を目指すという決意表明が見て取れる。


なでしこリーグはどうなった?

以前は「なでしこ1部リーグ」が"日本女子サッカーの頂点"だった。しかし、リーグ自体はアマチュアという位置付けであった。プロリーグであるWEリーグはアマチュアなでしこリーグのピラミッドの枠外の存在として誕生したため、今後はなでしこリーグはアマチュア女子サッカーのリーグとして継続される。そして、なでしこ1部リーグは"日本アマチュア女子サッカーの頂点"として生まれ変わる。


なでしこリーグとWEリーグの関係


レギュレーション予想

WEリーグに参加する11チームによる2回戦総当たりというのは確定とみて良い。ただ、当面は昇降格を導入しないあたり、リーグ戦後にチャンピオンシップトーナメントを導入も考えられる。


例えば

1

CS決勝

2

CS準決勝

3

CS準決勝

4


5


6


:


11


1位を決勝シードとし、2位と3位で決勝進出を争う方式が考えられる。準決勝は2位チームのホームで行い、決勝はホーム&アウェイ方式で行う。

または、

1

CS準決勝

2

CS準決勝

3

CS準決勝

4

CS準決勝

5


6


:


11


準決勝を1位vs4位と2位vs3位で行い、決勝をリーグ順位の高いチームのホームで、それぞれ一発トーナメントで行うというのもありだと思う。

おわりに
日本スポーツ界では中々チームスポーツでの女子プロというのはまだまだ少ない。このWEリーグがその牽引する立場になることを願っている。また、今回は開幕してまもない時期のレギュレーション予想をしてみたが、昇降格が導入されれば従来通りの総当たりオンリーの方式などが考えられる。また、AFCでもようやく始まったクラブ単位での国際大会が、日本から複数チーム参加できる規模まで成長することを期待する。そうすることでWEリーグもさらなる競争率の高さが望まれるからだ。

プロ野球CSはコレの方が面白い!

はじめに

プロ野球でCSが導入されて結構経つが、私は現行の制度がどうも好きではない。以下はその理由。


①リーグ王者のアドバンテージが小さすぎる

CSでリーグ王者に与えられているアドバンテージはホーム開催権と1勝である。しかし、現在ではリーグ王者もCSファイナルで足を掬われ日本シリーズ進出を逃すことが多くなった。いずれは、日本シリーズで非リーグ王者同士の対決ということもあり得る。

パ・リーグが強すぎる

パ・リーグが強いこと自体は全く悪いことではない。ただ、近年の日本シリーズの結果を見ると、2013年からパ・リーグ勢が8連覇中という圧倒的強さを見せつけており、最早セパ対決で日本一を決すること自体見直す段階だと考える。

③CSでも対戦カードの新鮮味が薄い

日本シリーズをセパ対決にするためにはCSもセパで分けなければならない。しかし、何度もペナントレースで対決した相手とCSで再び戦うのはいささか新鮮味にかけると思う。



そこで考えたCS &日本シリーズの新方式がコレだ!

f:id:Nerobluluv:20210320173844j:plain


トーナメントの流れ

CS 1stステージ

2vs3


2vs3

CS 2ndステージ

1stステージ勝者

リーグチャンピオンカップ(LCC)

1vs1

CSファイナル

2ndステージ勝者vsLCC敗者

日本シリーズ

LCC勝者vsCSファイナル勝者




現行からの変更点

①トーナメント方式の変更

かなり歪な形のトーナメントという印象を抱くだろう。この方式はページシステムというもので、上位チームのみ敗者復活のチャンスが与えられており、尚且つ決勝まで下位チームよりも少ない試合数で済むという利点がある。現行方式で問題視されているリーグ王者のアドバンテージの少なさもこれで大幅に改善できると思う。

②リーグ王者同士の対決機会を必ず設ける

日本シリーズが王者同士の対決でない年も珍しくはない。しかし、王者同士の対決を望むファンの声は少なくないため、リーグ王者同士の対決が毎年必ずあるようにした。この王者同士の対決を『リーグチャンピオンカップ』のようにタイトルマッチ化するのもアリ。

③リーグ王者のみ敗者復活可能

ページシステムの特徴として、リーグ王者のみ敗者復活の権利が与えられている。リーグチャンピオンカップ』に敗れた場合は CSを勝ち抜いたリーグ2位以下のチームと対戦し、勝てば日本シリーズ進出となる。一方でリーグ2位以下は敗者復活の権利はない。つまり、負けたら終わりである。

日本シリーズの対戦カードが増える

状況次第では、セパ対決の構図に加え、セ・リーグ勢同士、或いはパ・リーグ勢同士で日本シリーズを戦うことになる。しかし、近年のパ・リーグ勢の強さを見ても、日本シリーズをセパ対決の構図に拘る必要はないように思える。それに、現行では決して実現しない「阪神vs巨人の日本シリーズ」のような好カードも実現する可能性もある。

⑤初戦は必ずセパ対決

 CSに出場しても対戦相手はペナントレースで何度も対戦した相手という新鮮味の薄さの解消になるだろう。交流戦とは違い、負けたら終わりのセパ対決は大きな熱狂を生むこと間違いなし!


おわりに

現行のCSの問題点を解消するための案とはいえ、日本シリーズをセパ対決の構図で見たいという人にニーズには答えられていない。また、CSの方式は規則により定められているため、変更が容易ではない。サッカーではリーグ戦やカップ戦のレギュレーションは数年毎に変更されることが多い。プロ野球においてもこうしたレギュレーション変更の柔軟性が欲しいところである。